1. home
  2. 取扱い商品
  3. 販売管理ソフト 「木太郎」
  4. 見積

見積機能

見積書をお客様に提出するだけの書類と思っていませんか?木太郎は見積状況を集約することで、営業戦略として活用するシステムです。
木太郎の見積機能は、単に見積書を作成できるだけでなく、「見積を管理すること」に重点を置いています。
入力項目の多い建材の見積書を簡単に作成できることはもちろん、受注結果のみで販売状況を把握するよりもその前段階、 つまり「見積」の段階から営業活動を把握することにより、安定受注をめざして早期に対策を打つことが可能な仕組みとなっています。

会社全体の営業活動を把握

見積管理画面では、営業マンによって入力された見積を集約、会社全体の営業動向が把握できます。

見積機能の最大のメリットは、お客様への提案状況を把握できること。どのようなお客様へお見積を提出しているのか、粗利益の状況を営業マンが入力した情報をもとに経営者が容易に確認することができます。
スピーディーな経営判断ができる仕組みが木太郎の見積機能の一つです。

「商品マスタ」によるスピーディーな見積作成

国内有力メーカーを中心に27社約200万アイテムの商品マスターデータを独自管理

自社で維持管理を行うカタログ商品マスタを活用することで、建材の見積を簡単に作成することができます。
建材の見積は、梱包数や色、定価、品名など、商品一つに対して様々な情報を入力しなければなりませんが、木太郎の見積機能は、品番を入力するだけで、品名・定価・単位が自動入力されるよう構成されているため、数量・単価(もしくは掛率)を入力するだけで見積を作ることができます。
尚、品番のない自社製品等に関してもマスター登録することも可能です。

見積の一元管理で過去履歴も容易に閲覧

見積履歴は得意様別、担当者別などの表示が可能

見積の作成業務は、過去提案した見積を参照することが少なくありません。 そのため、蓄積された過去の見積は破棄することなく保存され、顧客別、担当者別といった抽出方法で容易に閲覧、複製することが可能です。

建材販売のフローにあわせた見積構成

商品の品番を入力するだけで、商品名、定価、入り数などが表示されます。また営業シーンにあわせて見積区分を入力します。

見積機能には、一つの見積案件に関して、定価ベースの見積用として「参考見積」、正式な販売価格を記載した「本見積」、営業シーンにより価格調整した「決定見積」、この3段階にグルーピングしたシステム構成となっています。煩雑になりがちなデータも顧客別、現場別に管理することができ、また提案状況の把握も容易に行えます。
尚、定期的に注文いただくケースについてはパターン登録が可能となっており、効率的な運用ができます。

受発注とのデータ連携

見積データを受注データに取り込めるため、ムダな二重入力を行いません。

木太郎は販売管理システムなので、見積として入力したデータをそのまま受発注データとして移行することが可能です。二度打ち作業の軽減はもちろん、転写による誤記も防ぐことができ、クレーム防止にもつながります。

メーカー見積データの取り込みも可能

arrow

通常業務では、システムキッチンやシステムバス、建材の拾いをメーカーに依頼する場合があります。 木太郎では、メーカーが拾った見積データをADDVANを経由してそのまま木太郎に取り込むことができます。 キッチンやシステムバスは様々な部材で構成されているため、二度打ちもかなり手間がかかります。 業務の効率化が図れるよう、メーカーとの取り組みも行われています。

※ADDVANの利用者、かつ木太郎連携にご協力いただくメーカー(7社)に限ります。

見積機能のイメージフロー

見積機能の画面一覧

見積入力画面

見積を入力する基本的な画面です。効率的な入力ができるよう、商品マスター、過去見積の複写などの活用ができるよう設計されています。

見積管理画面

経営者向けに用意した管理画面です。お得意様への見積提出状況や粗利、計上月ベースでの絞り込みなどによりタイムリーな確認が可能です。

見積納品画面

見積を管理する画面で、主に商材の納期にあわせて見積を提出する場合に活用します。工期の長い住宅工事ならではの管理画面といえます。

見積履歴画面

過去に作成した見積を参照する場合、あるいは複製して新たに作成する場合に活用します。

メーカー見積データ連携

建材EDI「NICE ADDVAN」からエクスポートしたデータを木太郎に取り込むことで、メーカー側で作成したシステムキッチンや見積データをそのまま活用することができます。

見積機能の帳票一覧

見積書

定型の縦書式、横書式のほかに、見積連携機能として開発した書式の3種類を用意しています。

担当別見積受注

営業マン別に見積状況を集約した情報で分類毎に見積額、売上額が把握できます。担当者の売上分析(分類)に活用します。

得意先別見積受注

得意先様毎に見積状況を集約した情報で分類毎に見積額、売上額が把握できます。得意先様の売上分析(分類)に活用します。

担当者毎月別見積商品実績表

営業マン毎に見積状況を月別に集約した情報でどういう商品(分類)の見積を作成しているかが把握できます。担当者の見積分析(分類)に活用します。

得意先別現場トータル見積管理表

現場毎に粗利状況を分類別に集約した情報です。現場の受注分析(分類)に活用します。

その他の機能

CSV出力

「見積はオリジナルな書式で提出したい」というこだわりのお客様に、見積入力したテキストデータをCSV出力することができます。

製品に関するお問い合わせはこちら
住宅資材の販売管理ソフト「木太郎」